Takewaki Info

イラストレーター 竹脇麻衣の公式HP

自主トレ

描くぞー、とか言って自分に発破掛けてるけど、

ゆらり、ぐらり、とくると凹む。

なにせ、小さいときから地震と雷が大の苦手だから。

胃がきゅーーーーってなる。

小さい頃、お隣のケンちゃんちに雷が落ちた。

庭の室外機に直撃したのだ。

「どーーっん」という大きくて鈍い音。

嗅いだことのない臭い。

家族全員でお隣を見に行った。そんな記憶がある。

カミナリもそうだけど、地震は自分では止めることができない。

だから怖い。

大人になって大きくなって、

地上からの距離が167センチになった。

もっとこわい。

でも、もう考えるのやめたんだ。

楽しいこととか、

これからやろうとすることとか、

美味しいものとか、

きれいなものとか、

行きたい旅行のこととか

そういうことを具体的にねちねちと考えることにした。

状況によって、すごく集中力がいる。

でも、それを今、実験中。

2011年3月23日 at 12:17 PM Comments (2)

サニーレタス

よくわかんないけど買い占めが横行している中、

葉っぱものはわりと残ってる。

というわけで、たいして料理が上手でもないタケワキですが、

うんまいママレシピを紹介します。

これ、チョーかんたんで、めっちゃくちゃ美味しいの。

たいていの家にある材料でできるので、

是非やってみてくださいませ。

(ダブルじゃなくて2回めのクリックで大きくなります。)

2011年3月22日 at 5:01 PM Comments (0)

2011/3/11

私は4人の小さい人たちと住んでいます。
「小さい人=ねこ」なのですが。
2011/3/11、東京が揺れに揺れたとき、私は仕事で外出していました。
GPSが搭載されていないと言われる私は、超ド級の方向音痴でしかも大きな荷物を持ち、
歩きにくいハイヒールという出で立ち。
不安でたまらないけど、電車が止まり、帰る方角もわからない。
やっとのことで私のアトリエと数キロほど離れた場所に住む母と連絡がつき、
「とにかくものすごく揺れた」と言われました。
私の部屋は、ごつい本棚とブラウン管のTV、そしてパソコンラックがひしめいています。

本棚にはむき出しのグラスや写真立てもある。
母親に事情を説明すると猫たちの様子を見に行くことを快諾してくれました。
一緒にいた知人の旦那様が出先からレンタカーを借りて迎えにきてくれたので、
その車に便乗させていただけることに。
(本当に本当に感謝しています。)
車の中で携帯がなり、母からのメール。
「本棚は大丈夫でしたが、かなり危険。」
それだけでした。
きっといつまた大きな地震がくるともわからない中、車で駆けつけ、部屋の惨状をみて、
そのメールをうつのがやっとだったのだと思います。
でも、私は、無事じゃなかったネコたちのことを書けなかったのでは?
そんな最悪のことが脳裏をよぎりました。
でも、車中の友人も、外を歩いている人たちも、みんな同じ状況。
なんとかひきつった笑顔を作っていましたが、心は不安でいっぱいでした。
大渋滞の末、一本道でとうとう動かなくなってしまった車から、
乗せてくださったご夫妻が気を利かせて下車させてくれました。
そこから家までは早歩きで行けば30分!
半べそをかきながら部屋にたどり着きました。
ドアを開けるとTVと明かりがついていて、母からの置き手紙がありました。
猫たちも全員無事でした。
生きてる!生きてる!けがもない!
泣きながら1匹ずつ抱きしめました。
母の手紙によると、本棚においてあったグラスが落ちて割れ、掃除機をかけたとのこと。
そして、わりと動じなかった猫はご飯も食べた、とありました。

泣きました。

自立して部屋を借り、まるで一人で生きてるみたいに思って暮らしていたことに、
激しく反省しました。
車に便乗させてくれた友人に感謝。駆けつけてくれて掃除までしてくれた母に感謝。
そして、家族みんなが無事だったことに感謝。

けれど、いまもまだ不安と悲しみと寒さの中にいる被災者の方のことを考えると、
胸がつぶれそうです。
そして、動物たちのことを思うと、涙が止まらないのです。
心の整理がつかないのです。

神様どうぞこれ以上悲しいことを起こすのを止めてくれはしませんか。
どうかどうか、お願いします。

2011年3月17日 at 9:06 PM Comments (2)