あけました。。。 2017.Jan.16

すっかり2017年も明けてしまいました。。。

twitterではぶつぶつとつぶやいておりましたが、ニャンコ増えました。

名前は「ミトン」。

小頓とユニットを組んでもらおうと「美頓」からのミトンです。

でも、道のりは長そう(笑)

昨年末に突然みーみー言いながら駆け寄ってきて、素手で鷲掴み。

野良猫は子猫だって、結構凶暴なのにこれは何事か、と。

翌朝、いつもの毒舌獣医の所に駆け込んでいろいろと診察してもらいました。

とても可愛いので里親さんを見つけようと声をかけていたのですが、

ミトンは大腿骨を骨折した後、ちょっと曲がってくっついてしまったため、

肛門が狭くて排便がとても難しい事が判明。その他ちょいちょい疾患もあったので、

我が子になりました。

退院してからも下剤のお世話になる事も多く、目が離せません。

たった4ヶ月しか生きていないのに、よく頑張った。そしてよく私を見つけてくれた。

急に寒くなる直前だった。

いろいろと頭痛いですが、でも私の人生ってこんな感じ、と、千姫と爆笑しております。

何と言っても千寿が「どーん」と構えていてくれているので、大船に乗った気持ちです。

これまで末っ子だった小頓と両ちゃんは「むむむ」となっていますが、

日に日に事情を理解してくれているっぽい。

でも、まだゲージから出してないからね。ミトン。

さてさて、どうなることか。

 

そんな私にイラストレーターのミサップルさんから、素敵な石鹸が届きました。

この石鹸はね、たーーーーーっくさんの「素敵」と「笑顔」がこめられているから、

両ちゃんも納得の品でございます。

 

詳しくはこの記事を読んでくださいね。→

ちょっとした贈り物にも絶対に喜ばれるし、

気に入った香りが見つかったら下着の引き出しに入れたり

封筒や便せんに少し香りを移したり、用途は考えれば考えるほど楽しくなってしまう!

 

さて、お知らせを!

<その1>

今年も伊勢丹新宿本館で展覧会をやります。

会期: 2月15日(水曜)〜 27日(月曜)

場所:伊勢丹新宿本館5階 アート&フレーム

サイン会:2月19日・26日(両日とも日曜)14時から16時

今年は2週間いただきました。

寒い季節ですが、どうぞ宜しくお願いいたします!

 

<その2>

「ねこ」()(ネコ・パブリッシング)が12日に発売となりました。

ネコラム、連載中です。

今回も読みどろこ満載!写真もきれいー!一軒家、私もほしいな。

そして岡さんがつなげてくれた猫好きイラストレーター、

ミサップルさん()のインタビューもあります!

かわいいミサップルさんの笑顔や優しいちょうど良い温度の素敵な記事です。

☆印をぜひクリックしてみてくださいね。

私のブログの何百倍も素敵な(がんばれ、私w)ブログに飛びます。

展覧会の準備でてんてこまいで、なかなかブログ更新できない中、こんなに素敵に取り上げてくれて、

ミサップルさんに足を向けて寝られません。

岡さん、きっと私に「喝」を入れるべく、素敵な方々とのご縁を残してくれたんだろうな。

会いたいよう。岡さん。

 

は!

感傷に浸っている場合ではありません。

岡さんからの使命(?)はまだまだまだまだ続くのです。

 

 

<お知らせ3>

にゃんこweek開催!→

こちらで穴澤さんとトークイベント、やりますー。

引きこもりの私ですが、外に出ます。どきどき(笑)

日時:2017年2月13日(月)~2月26日(日)

月~土曜11:00~21:00   日曜・祝日11:00~20:00

場所:マーチエキュート神田万世橋 イベントスペース「佇マイ」

東京都千代田区神田須田町1-25-43

Tel:03-3257-8910(代表) ※代表電話受付時間は9:30 ~18:00まで

《トークショー概要》

日時:2017年2月18日(土)  ①13:00 ~ ②15:00 ~

 

素敵な刺繍家のささきみえこさんのイベントもあります!

 

ぜひぜひ遊びに来てくださいね。

いろいろな詳細は右の☆印をクリック!→

この季節はとっても寒いけど、あったかくなるイベントになるよう、

頑張ります!

 

このイベントで販売予定の限定グッズもありますので、見るだけでも(笑)来てくださいね。

私が「ねこ」さんとコラボするときは全部「save the cat」企画。

穴澤さんも売上の一部を寄付にあてています。

なかなか自分ではどこに募金したら良いのか、何をしたら良いのかわからないとき、

こんな企画もあったな、って、思い出してくれたり、お友達に紹介してくれたら、

とても嬉しいです。

高額でペットショップでいきものが取引される中、

保護ねこや保護動物は不思議なことに増え続けています。

いつか生体販売がなくなればいいな、って心底思います。