見返り美男 2014.August.21

20140821

 

 

以下はちょっと長文なので、

お時間があれば・・・。

 

思い出、です。

 

 

 

3年前の7月、その人と初めてデートをした。

電話で私が「明日、美容室に行くんだ」と言ったら「行きたい」というから、

私の後に予約をとった。

そこはJさんという美容師さんが一人でやっているお店で、

彼も一度行った事があり、Jさんを「あのひとはわかってる!」と言い、

矢鱈と気に入っていた。

 

翌日、自分のケアを終えて駅まで迎えにいくと、

少し遅れてパン屋の袋を提げた彼が現れた。

「暑いねー。」

お互い真冬生まれで、夏は大の苦手。

「ゆか(私の姉)は、夏、大好きなんだよね。シンジラレナイ。」

などとおしゃべりしながら、私たちは汗をかきかき美容室に戻った。

今度はちゃんと一人でも行けるように、私は目印になる電柱や看板などを

逐一彼に覚えさせた。

でも、多分、次回も一緒に行くんだろうな、と思った。

 

美容室に着くと、彼はパン屋の袋から飲み物とパンを3人分取り出し、

最後に

「はい、たまちゃん。かわいいでしょ。」

と言って、アザラシの顔をしたあんパンを私にくれた。

 

でも、私は彼がカットしてもらう間に、

家で待つ猫たちに夜ご飯を食べさせ、また美容室に戻ってこなければならなくて、ちょっと焦っていた。

「わー、かわいい」とおざなりに言い、「おうちで食べる」と、

パンをつかんで家に帰った。

彼はちょっとしょんぼりして、パンをぱくついていた。

 

私よりもずっと短毛な彼のカットが終わる頃には戻らなければ、と、

ばたばたと猫たちにご飯をあげ、汗だくで美容室にとんぼ返り。

 

せっかくキレイにしてもらった髪は、もはや見る影も無い。

 

美容室につくと、彼はJさんと談笑しながら仕上げに入っていた。

すごく楽しそうで、とっても綺麗にしてもらって、

彼のご機嫌オーラがふわふわと漂っている店内は、

なんだかとても居心地がよかった。

 

「写真、とろうよ」

お支払いも終わって彼がおもむろに取り出したカメラは、

私がプレゼントしたデジカメだった。

白いボディーのものをあげたら、

「オレンジがよかった」と憎まれ口をきいたそのカメラは、

彼の手にしっくりと収まっていた。

 

私と彼、彼とJさんのささやかな撮影会。

今度くるときに写真、あげるね、とお店をあとにし、

早めの晩ご飯を食べて、私のとっときのバーに連れて行った。

 

自分がすっかり大人の女性である事、

素敵なバーを知っている事、

バーのマスターに彼を紹介したかった事、

姉もよく来るので、あわよくば、姉も合流できるかもしれないという事、

などなど、その要素を彼も重々承知で、

これまた楽しいひとときとなった。

 

初めてのデートにしては上出来。

また、このコース、やりましょう。そうしましょう。

 

ニコニコ、ニコニコ手を振って別々の家に帰った。

 

 

 

結局、これが生きているチチの、最後の姿になってしまった。

 

デートはただの1回こっきり。

 

もう記録が更新できない。

 

せめてあの美声が聞きたいところだが、それも叶わない。

3年経った今も、のんきな電話がかかってくるような気がしている。

 

この季節に美容室に行くと

「あのときもらった牛乳、まだ冷蔵庫にあるんだけど」

「えー、それ、いつかバクハツしちゃうんじゃない!?」

と言い合うJさんと私の声は、毎年、夏風邪をひいている。

 

「見返り美男 2014.August.21」への13件のフィードバック

  1. 大切な思い出  ありがとうございます。

    会いたい人話したい人との時間を、もっともっともっと

    大切にしようと思います。

  2. fukasawaさま

    コメントありがとうございます。

    『あとで』や『今度』って、
    意外と不安定なものなんだなーって
    3年前の今日、思い知りました。

    大切な人(ちいさいひとたちも含め)との時間、
    うーーんと楽しんでくださいね♪

    私もそうします^^

    mai

  3. ご無沙汰してます。
    お子達元気でなによりです。
    両ちゃん相変わらず楽しいですね。

    何年経っても「会いたい」「声が聴きたい」と思ってます。
    でも、いつかあの世で会ったら「ちゃんと生きて来たよ」って伝えたいです。

  4. 北斗七星さま

    コメントありがとうございます!
    両ちゃんは、ずっとみなさんのアイドルでいたいみたいです(笑)

    3年経っても全然実感わかないものなんですね。

    実感のわかないまま、いつかあっちへ行った時、
    北斗七星さんのように言えるように
    生きれたら良いな、と思いました。

    ありがとうございます。

    mai

  5. 何度も何度も振り返る両ちゃんの姿、カワイイですネ。

    お父さまとの素敵な想い出、ありがとうございます。
    胸がギュッとして、涙・・・

    私が会いたい人や会いたいコたちも元気にしているのかナ。

    北斗七星さんの「ちゃんと生きてきたよ」という言葉、
    私も麻衣さんと同じように思いました。

    撮影会のお写真は、「牛乳パック」同様まだ眠っているのかしら・・・

  6. 今年の10月は父の17回忌過ぎてしまえば本当に早いですね。
    私は父と二人だけで何処かへ行ったという事はありません。
    (食事も含めて)
    ただ時々今でも夢にでてくる事があります。夢の中では
    普通に生きているんですよ。死んでる感覚がないんですね。
    これは不思議です。あとからあっそうか死んでるんだなと・・
    あざらしの顔をしたあんぱん!!動物好きの竹脇さんを思って
    買ったのでしょうね。竹脇さんへの愛情を感じます。

    両ちゃんもう最高。そんなに食欲があるのに
    太ってないですね。こっちゃんは少しは食べてくれるようになりましたか?
    ママは大変だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。