Takewaki Info

イラストレーター 竹脇麻衣の公式HP

ギャラリー(Scenery 2)

ゲッコウ



くっけっけっけっっけ。という声がしたらこいつです。ツヤっとしてて、発色が良くて、爬虫類好きにはたまらないお友達。ミクロネシア全域にいましたよ。

ヤップ4


ヤップのお金、石貨。って、これ大きさや色艶に関係なく、運んできたエピソードによって、価値が決まる。嫁入り道具とか、示談金とか(意外と物騒)ま、そんなときに流通します。
ヤップ3


ホテルの窓からの風景。リゾートなんですよ、ここ。スーパーの商品が全部賞味期限切れでも。
ヤップ2


生命力。自然界における素直な生き方。かっこいいぞ、腹筋ヤシ。
ヤップ1

うんしょ、うんしょ、と丘の上まで画材一式運んで、写生大会。と言っても一人だけですが。絵の具がタラーって垂れても、それはご愛嬌。あついのよ。ここは。絵の具もとろけるのよ。臨場感いっぱいの一枚。

洞窟


コスラエの洞窟。ツバメが昔沢山住んでたんだって。ツバメのおかげで土壌が肥沃。で、向こう側にも行けて、沢山の作物も採れたそうな。でも大雨で岩が崩れ落ちて、今は行き止まり。声が響いて楽しい。
チューク6


宿泊先「宝島」のすぐ近くにある学校に遊びに行った。日本では子供には近寄らない私だけど、ミクロネシアの子供たちときたら!つれて帰りたいくらい可愛かった。そうそう、お菓子は「オカシ」とか、日本語はかなり使われてます。

チューク5


トラック島だから、ジープ島。だって。ま、そんなこんなで、船に揺られて(マジ揺れ)やってきました。ザ・南国!の一枚。

チューク4


これは、マーケット。酔っ払いが多くて、スケッチしてると「おれも描いて」と。。。ってことは、描き終わるまで見てるのね。結構時間かかるんだけどね。(笑)
チューク3


教会。撮影クルーがナイスな夕焼けを撮るのに必死になっていたので、ヒマな私は即興スケッチ。結局私が待たせる格好に。でも真ん中の文字はチュークの子供が描いてくれたの。合作なのだ♪
チューク2


チュークのザビエル高校は、昔の日本の基地をそのまま使ってる。ブ厚い扉には生々しい弾痕。前に止まっているのはスクールバス。バス。バス・・・
チューク1



チュークはかつて「トラック島」とよばれていたところ。この島には日本人の大矢さんという方が「宝島」というちょっとベタな名前の民宿を営んでいます。元気かなあ。ココナッツラーメン、おいしかったな。

ポンペイ9

ポンペイでナンマドール遺跡へ。ジェンガみたいに岩を積んである。昔の人はどうやってあんな重いものを積んだんだろう。この謎はまだ解明されてないらしい。

ポンペイ8


ポンペイでケプロイの滝へ。実は前日飲み過ぎて(こら!)滝どころじゃなかった。でも、日程はそんな私を無視してくれない。頭痛に苦しみながら滝へ向かって、着いたとたん、全く二日酔いがなくなった!すごいよマイナスイオン!二日酔いには滝だね!
ポンペイ7


ポンペイでミニーさんという方のお宅に「突撃お宅の晩ご飯」。って、私も一緒に作ったんだけど。ココナッツを削るのがあまりにのろくて失笑を買いました。
ポンペイ6


夜な夜な、人が集まる。そこはシャカオバー。シャカオの効果はお酒と同じ。くらくらします。そして、ヤッパリマズイ。キュウリの苦いのを絞ったみたいな青臭さ。
ポンペイ5


ポンペイ特有の「シャカオ」というお酒。作っているところを見たんだけど、石で木の根っこをたたいて、それをハイビスカスの樹皮でなめしてしぼる。味はね。。。すごいよ〜。

ポンペイ4


お土産の木彫り人形を作っているところにお邪魔しました。サメの木彫りには本物のサメの歯を埋め込むんだって。ぷら〜んって、天井からぶら下がってたよ。歯。
ポンペイ3


どう考えてもこの南国に?と思うような厳かな教会。ドイツ人が建てたんだって。でも年月とともにツタが絡まりヤシもひょっこり。原色の草花に浸食され、すっかりいい感じに(笑)
ポンペイ2



年齢を重ねるほどハデになっていくワンピース。それって世界共通なことなのかしらん。いや、良い事だと思います。とても。

ポンペイ1


ミクロネシアはキリスト教が浸透してる。だから、日曜日は自作のワンピースでみんな教会へ。そして、日曜日は安息日だからなんにもしちゃいけないんだって。「ほんとに、なんにも。よ。」とニヤリと笑ったおばさんの笑顔がたまらない。家事もお休みな素敵な日。
コスラエ4


コスラエ、ワーラン村の美少年。にして、シャイ。そのままでいてください。ゼヒ。
コスラエ3


この絵は相当気に入ってる。きっと、漁が相当楽しかったんだろうな。わたし。
コスラエ2

で、採れたのが、カラフルなお魚たち。「サシミ!ワサビ!」だって。島の人たちは日本語が少ししゃべれるの。

コスラエ1


ミクロネシアの島、コスラエ。そこで追い込み漁に参加。みんなナマコをわしづかみで投げ込んで魚を追い込むの。私にはできない〜!だから、水遊び風な追い込みで勘弁してもらいました。

赤すぐ2008/10月発売号


ベビーの色んなエピソードを描きました。これは、泣ける!と思った1つを載っけてみました。こども、おそるべし。

ジョジアンヌ・ロール


おフランスの高級サロン、ジョジアンヌ・ロール。それを日本で取り扱っているところのHPにイラスト描いてます。ここのシャンプーや入浴剤はほんとにスバラシイです。

ura-mainichi-2



これもラフ。商品が目立たないってことで描き直し。とほほ。

ura-mainichi


ふふ、ラフで描いたのものっけちゃお。 これは、ちょっと若すぎるってことで、描き直しになりました。
PASSAGE AOYAMA


この間オープンしましたね。サンケイリビングに地図を描きました。
カレンダー(House Mate)5


10月。今年は金木犀に出会えなかったので、その思いがここに。
カレンダー(House Mate)4

6月。おそば屋さんの佇まいとあじさい。銀座のとある風景をアレンジ。

カレンダー(House Mate)3


8月。外で昼間っからビール。最高です。
カレンダー(House Mate)2


4月。お箸屋さんがなんか気になっていて、描き込んでみました。

カレンダー(House Mate)


ハウスメイトという会社の2008年のカレンダーに絵を描きました。これは2月。

待ち合わせ


少し早く行って、スケッチしました。なんのことはない、待ち合わせの相手は1時間遅れてきましたよ。
地図の素


地図の依頼が多いのですが、こんな風にいろいろ描いて、絵地図の上にのっけていきます。文字も位置も修正が即可能なの♪
こんな感じで②(日経)


中身です。
こんな感じで①(日経)



ミスってしまった方からご連絡をいただいたので、ちらっと載せてみました。

並木通り⑦

天ぷら屋さんの老舗「天一」お店脇にある写真にいたずらを。(スミマセン)

並木通り⑥


資生堂から限定販売される香水。
並木通り⑤


L’OSIERの前に止まったおしゃれ〜な車。降りてきたおじさまも、かなり素敵だった。
並木通り④


渡辺木版画店。今までそんなに版画って興味なかったのに、一枚欲しくなってしまった。
並木通り③


大人Bar, BRICK。ここだけ異国情緒。

並木通り②


ダビドフのウィンドウは、渋くて素敵。
並木通り特集


2006.12.8の日経新聞。並木通りのクリスマスをイメージして。
Hanako(9/14号)



地図が地図を呼ぶ。一人昭文社竹脇。そして表参道ヒルズはカメラマンとイラスト屋を苦しめてるに違いない(横長すぎ)

日本橋(Hanako)


日本橋のイメージって、やっぱり品のいい老夫婦。ちょこっと描き込みました。
谷根千(Hanako)


職権濫用。ねこだらけ。
浅草(Hanako)


2006.7.13売りのHanakoに地図を5点描きました。今年の私、一人昭文社。
鎌倉

お墓参りのあと鰻屋へ行く。いつものお決まりのコース。待ち時間のスケッチ。

Paris map


1/23売りのVoCEに描いた地図。行きたくなっちゃう!

雷門


平日なのに人が沢山いた。写真を撮っているとオバチャン軍団が突進してくる(涙)

京橋・明治屋


最近街中スケッチをしています。でも銀座が一番きれいだなぁ。

浅草スケッチ



同業の友人とスケッチに浅草へ。川べりでネコと話したり、カラスをながめたり。外はいいねー。

夏その2


暑いのは苦手。でも「バカンス」のイメージが好き。
コスラエ


旅チャンネルの仕事で行ったコスラエ。右下にぴろっとある、けもの道以下のメインストリート。右に行くか左に行くか、あんまり迷っても意味がない。